【タイランドパス】Thailand Pass申請/海外旅行保険|ワクチン証明書

タイに行く人 タイに旅行でいくけどThailand passというのがあるな。
海外旅行保険やワクチン証明書の申請が必要らしい。どんな書類を用意するのかよくわからないので、取得した人からのアドバイスがほしいです。

そんな悩みにお答えします。

この記事を書いている私は、2022年3月にフィリピンからタイ旅行に行くさいにThailand passをエージェントを介さず自力で取得しました。

Thailand Passの申請するさいに、提出する書類やインターネットの情報が少ないのでとまどうかと思いますが、私がつまづいたり悩んだりした点を体験とともに紹介していますので、この記事をみればエージェントに頼まなくても自分でスムーズに申請ができるようになりますよ。

【タイランドパス】Thailand Pass申請/海外旅行保険|ワクチン証明書

ワクチンを2回取得している方のThailand pass に必要書類は以下のとおりです。

2022年 5月6日 現在

有効なワクチン証明書

新型コロナ治療費をカバーする最低1万USD以上 の補償額の医療保険加入証(以下海外旅行保険と略す)

パスポート

審査にかかる期間は48時間(2日間)以内。

私が申請した2022年3月11日には、

海外旅行保険は2万USD以上で。

ワクチン完全接種者であっても入国1日目に政府指定のホテル(SHA ++又はAQホテル)で隔離があり、空港からホテルへ直行し、PRCテストの陰性結果が出るまでホテルから出られませんでした。今は該当者(ワクチン未接種者)のみとなっています。

審査にかかる期間、3~7日間

このように2ヶ月もたたないうちに、かなり緩和されハードルが低くなっています。

Thailand pass で注意するポイント

Thailand passの申請でよくわからないのは次の2点でしょう。

1,有効なワクチン証明書
2,新型コロナ治療費をカバーする最低1万USD以上 の補償額の医療保険加入証(以下海外旅行保険と略す)

何を同準備すればいいかわからず、いろいろと調べました。

有効なワクチン証明書とは

A. 国の公的機関・地方自治体により発行されたもので、下記が記載されているものが必要です
紙版のワクチン接種証明書のアップロードが推奨されています
(氏名・生年月日・国籍・パスポート番号・ワクチン接種詳細の全回数分)

私が申請したときは次の説明のみでした。

「タイ政府公衆衛生省 もしくは世界保健機関が承認した新型コロナウイルスワクチンを少なくとも14日前までに接種完了しており、それを証明するワクチン接種証明書(英文)」

私がワクチンを取得したさいに渡されたカード型のワクチン証明書でいいものか、

もし違うとしたらどこで取得したらいいものやらと思い

在タイ日本人大使館に問い合わせたところ、

「フィリピン国内でのワクチン接種証明書の取得に関しましては、在フィリピン日本国大使館にご相談いただけますとアドバイスがあろうかと思います。」

と返答があり、
在フィリピン日本国大使館にメールで問い合わせると邦人ワクチン事務局の方からメールがあり、

ワクチン接種カードは世界保健機構が承認したものに該当しません。

(上略)

在タイ日本国大使館ではなく,タイ政府公衆衛生省にお問い合わせ下さい。

下記URLは,大使館職員が今年に入ってから中東へ異動になった際に証明書を取得したURLです。

料金が発生するとのことですが紹介させて頂きますので参考にして下さい。

●検疫局HP(ICV):https://quarantine.doh.gov.ph/frequently-asked-questions-on-international-certificate-of-vaccination-icv/

これは私が国際的に通用する証明書がないかと、ウェブをサーフィンしているときに見つけた

International CERTIFICATE OF VACCINATIONのサイトと同じだったため、

2022 INTERNATIONAL CERTIFICATE OF VACCINATION (ICV) BOQ Requirements + How to Expedite
2022 March 1 The Bureau of Quarantine (BOQ) has recently launched a new website for applications for International Certificate of Vaccination or

この事務局の担当者さんの経験があり、ICVを取得することにしました。

またこのICVは(氏名・生年月日・国籍・パスポート番号・ワクチン接種詳細の全回数分)を記載することができるので、上記の有効なワクチン証明書の説明Aに該当することがわかります。

(以前の文章ではわからなかった)

2,新型コロナ治療費をカバーする最低1万USD以上 の補償額の医療保険加入証

保険に関する情報がネット上に少なく非常に困りました。これは専門の人に聞くのが早いだろうと、フィリピン マニラの旅行会社に直接行くことにしました。

確実な情報を得たいのと最低でも3社からの見積りをとって比較したいと思い、Google Mapにある旅行会社にかたっぱしからあたってみました。

するとコロナの影響デカクローズしているところが5件以上、従業員がホームワークをしていてその場で見積りが取れないところが2件ありました。

こうして3件の旅行会社で見積もりが取れました。

旅行日程3月24日~4月3日の11日間

1社目 1112 peso

2 社目1112 peso

3 社目1857 peso

1pesoは当時約2.2円

保険内容はだいたい同じで3件目の金額が大きく違うのは、発行費というのが336peso取られるためです。

フィリピンからタイへのフライト日は3月24日(木)でした。

海外旅行保険の比較をするためあちこちの代理店に行って、気づいたら3月10日(木)渡航2週間前になって、もうそろそろThailand passを申請せねばやばいと気づき、店頭で親切に対応してくれた1件目のところに決め、担当者にメールで依頼をしました。

オンライン送金で支払いを済ませると、翌日に書類とPolicyのPDFをメールで送ってくれました。フィリピンではかなり迅速な対応で担当者さんに助けられました。

この記事内で後ほど説明しますが、Thailand passの保険は政府推奨の3社ある保険会社の中から選ぶのが確実で安心といえるでしょう。

Thailand Passの申請

書類が全てそろったところでThailand passの申請をします。

タイランドパス申請ページ

Thailand Pass Registration System (for air travel only)

Thailand passの書類のアップロード

どうしてかわからないのですが、書類の添付がPDFではできずJpegなどの写真データをアップロードする必要があります。

保険の領収書は「Endorsement」 「Confirmation of Cover」という書類が1枚づつ、「policy」 は何ページにも及びます。

ここで疑問が生じます。

全部の書類を送ったらいいのか?

それでもアップロードできる容量が決まっているので全てはできません。

そしてアップロードは1回しかできないのです。

なので「Endorsement」 「Confirmation of Cover」を一つのファイルにして送ることに決めました。

PDFを画像データにウェブ上で変換できるサイトを使い、その画像を編集ソフト上で2枚を横ならべにしスクリーンショットしました。

PDF JPEG 変換 - PDFのイメージを抽出する無料ウェブアプリ
ダウンロード不要、広告やウォーターマークもない、無料で使えるPDFウェブアプリ。PDFを画像に変換したり、画像を抽出したりできます。

INTERNATIONAL CERTIFICATE OF VACCINATION(ワクチン証明書)は冊子になっていてページが多くあり、こちらもどれを送ったらいいかよくわかりませんでした。

氏名・生年月日・国籍・パスポート番号が記載してあるページを1枚、

ワクチン接種詳細の全回数分が記載しているページ1枚、

をスキャンコピーし、画像ソフト上で2枚を横にならべスクリーンショットしました。

3月11日(金)の19時ころに申請を終えて一安心していました。

3月13日(日)にThailand pass からメールがあり、メッセージには

Hi ,            @gmail.com

  • Th system noticed some problems in the documents you submitted to the embassy
  • ระบบ Th สังเกตเห็นปัญหาบางอย่างในเอกสารที่คุณส่งไปยังสถานทูต
  • You should correct some information so that you are not held responsible by the government
  • คุณควรแก้ไขข้อมูลบางอย่างเพื่อที่คุณจะได้ไม่ต้องรับผิดชอบต่อรัฐบาล
  • Please reply to this message and write the following information
  • โปรดตอบกลับข้อความนี้และเขียนข้อมูลต่อไปนี้
    • Your full name.
    • Date of birth.
    • Last 4 digits of the passport.

とあり、1,2,3を記入して返信すると、

update attachment
There is a problem related to the request, please download the attachment and update the information

   Please prepare your documents for submission at the check-in desk and relevant agencies
   Passport with visa (if required)
   Thailand pass QR code (on mobile device or hard copy)

Please submit your documents and QR Code to immigration and disease control officials.


Download Document

Document - Required


important note. You must open the document from a PC and not from the phone

ダウンロードドキュメントというURLが添付してあるメールが送られそのURLを開きました。

「保険と宿泊証明書に不備があるので受理できない」というような内容でした。

かなりあせって保険会社などをインターネットでいろいろと調べました。

インターネット上で、Thailand passに不備があったときの対処などをいろいろ調べたけれど情報がほとんどなく、TwitterでThailand passと検索すると私と同じメールを受け取った人の投稿がたくさんありました。

するとスパムメールなので注意するようにとあり、なんだースパムかーと思いホッとするも、もし保険の書類が不備で通らなかったらと出航の日に間に合うかどうかだんだん心配になってきました。

申請後のスパムメールには要注意です。なんでこんなことするんでしょう。何の意味があるのかさっぱりわかりません。

3月24日(木)の渡航の日が徐々に近づいてきます。

他の人のブログの記事では2、3日後や、中には即日交付された例があり、私は3月16日(月)になってもまだQRコードが届かなかったのでメールを送ってみました。

何回送ってもメールが届きませんという返信があったので、4つある電話番号にかけてみましたが、不通だったり、録音されたアナウンスだったり何回かけても一向につながりませんでした。

申請後の問い合わせ場所

Email address
Thailandpass.hkt@gmail com

testgo@consular.go.th.

電話番号

24/7 Call Center If you need assistance from a support person, the numbers are

+66 2572 8442
+66 6 5205 4247
+66 6 5205 4248
+66 6 5205 4249

メッセンジャーでの問い合わせ先があったのでメッセージを送ると、3時間くらいして次の返信がありました。

your Certificate of Vaccination and the Thailand Pass QR Code will be sent to you via email within 7 days upon approval. The DDC will reject any incomplete or non-compliance documentation, and a notification email will be sent within 7 days.

その後も電話もメールもつながらないので確認してほしいとメッセージするものの、1日に1回しか返事をしてもらえず、その返答もとにかく7日間待つようにということでした。

3月18日(金)

申請の日を入れると10日目。7営業日となると土日を抜いて申請の日を入れたら7日目にあたる。

それでもまだQRコードがこないので在フィリピンタイランド大使館へ行ってみました。

張り紙には17時閉館とあり16時に行ったのにエントランスのドアのロックがかかっていました。

中にいるガードマンを呼び、まだ16時だよというと「クローズだコロナで早いんだ、次は月曜日の朝だ」と言われました。

あせりました。これで受理されなかったら渡航は難しい。

そこであることを試してみようと思いました。

Thailand passのメッセンジャーで「重複して申し込むのは大丈夫か」と聞くと大丈夫とのこと。

もしかしたらフィリピンの保険会社で加入した保険が、Peso表記だからパスできないと疑い、保険会社をThailand passが推奨している3社ある中のAXAに申し込むことにしました。

AXAのカスタマーセンターはメッセンジャーがあり、Thailand passに必要な保険の加入をしたい旨を伝え、書類が対応していることだったので、オンラインで申し込みました。

申し込んでから30分ほどで、書類がメールで届きました。

AXA の海外旅行保険は11日間で1165 Baht(タイバーツ)。

1Bahtは当時約3.6円

Thailand passの2度めの申請を3月18日(金)の19時ころ終えました。

次の日から土日に入るのでさらに心配になりました。

この土日に返答がなかったら月曜日の朝に、再度大使館に行く予定をしていました。

そして渡航5日前3月19日(土)の22:28分に承認のメールが来て、QR Cordが添付されていました。このときはほっとしとても嬉しかったです。

3月24日(木)に空港のPhilippine Air Line(PAL)のチェックインカウンターでQRコードを提出し無事に通過できました。

今は入国時に確認とありますが、私のときはThailand PassのQRコードがないと航空会社の出国手続きで受け付けてくれず、飛行機にも乗れないところでした。

3月18日(金)に2回めに申し込んだのは渡航の日の24日(木)に返答がきました。申請日を含めて7日後となります。

今は申請後48時間(2日間)以内と改善されていて、私のように長い日にちを待ちもどかしい思いをことはないかと思いますが、書類などの不備で受理されないこともあるので、なるべく早めに申請をすることをお勧めします。

Thailand passは自分で簡単にできる

このThailand passの申請をエージェントを介すと確実ですが、費用が18,000円(某旅行代理店参照)がかかるところがあります。簡単な手続きなので自分でやってしまいましょう。

保険は政府推奨のオンラインで申し込める3社から選ぶのをお勧めします。

スパムメールが届いたとき、海外保険の情報をいろいろとインターネットで調べたときに、日本の某大手T保険会社が、Thailand passの申請に確実に通る書類を発行しているということアピールをしていました。

私はフィリピンのローカルの旅行代理店が発行した書類、しかもPeso表記で通りましたので、その必要はないと思います。

見積をすると5,500円くらいになりました。

確実なのはThailand passが推奨している3社の保険会社です。

FWD
AXA
TQM

TQM Thailand Pass Covid Insurance
TQM Recommended Medical Insurance for Thailand Pass registration

私が申し込んだAXAはメッセンジャーの問い合わせの返答も早く、確実に答えてくれます。

証明書の発行も1時間以内でしてくれます。日本円で4,200円ほどでした。

またこれは後日談となりますが、だめもとで保険のキャンセルをしたいとAXAにお願いしてみました。

Thailand passからの返答が遅く、2度目の申請を保険を変えてする必要があった旨を伝えると大使館のレターが必要といわれ、大使館にメールをすると大使館はそんな仕事はしないと返信がありました。

そのことを伝えると、別部門に聞きなんとかするとのことで、なんと後日返金に応じたのです。

これらの経験でAXAを私がお勧めする理由です。

まとめ

有効なワクチン証明書は各国によって取得する書類が違うと思いますので調べてみてください。

海外旅行保険はタイ政府推奨の3社から選ぶのが確実です。

書類をそろえたり不備があったことなどを考え、できるだけ余裕をもって申請することをお勧めします。

私の記事を最後まで読んでいただきありがとうございます。
次回またお会いしましょう。
でわっ!

コメント

Copied title and URL