【フィリピン・マニラ】探偵マニラスクープの中古車の出張査定サービス


こちらではフィリピン・マニラの車の出張査定サービスについて紹介します。

フィリピンで中古車を店から又は他人から購入するとき、事故車(修復歴車)かどうかって心配になりますよね。

そんなときは「【フィリピン・マニラ】探偵マニラスクープの中古車の出張査定サービス」に依頼するのがいいです。

「【フィリピン・マニラ】探偵マニラスクープの中古車の出張査定サービス」で修復歴があるかどうかが判断できますよ。

フィリピンで中古車を買いたいけど心配な人の悩み

フィリピンで中古車を買いたいけど、事故車(修復歴車)に当たると故障が多いってきいたことがあって、ヘタをうちたくないし、販売店のいうことも素直に信用できないし、だれか車の査定をしてください。

そんな悩みにお答えします。


フィリピンで中古車を購入するってそれは心配になりますよね。日本で買うのにも気をつけなきゃいけないのに、ましてやフィリピンでの勝手がわかっていないとなると、どうしていいのやら。

そこで元車営業歴のあるフィリピン・マニラ在住の私が購入したいと思っている中古車の査定をします。

このサービスを紹介している私は大手車買取り店で2年、新車ディーラーで3年の営業経験があります

修復歴車とは

まずは修復歴車の説明をします。

事故車というのはよく耳にしますよね。みなさんが考える事故車とはフロントボディーやボンネットが事故のあとで凹んでそのままの状態をイメージするのではないでしょうか。

その事故車を修理して新車のようにもとのかたちにしたのが修復歴車と呼びます。

修復歴の有り・無しとは

ただし事故車を修復した中にも修復歴が「有り」、「無し」にわかれます。

修復歴有りの車は査定額もかなり低くなります。

修復歴無し

外板パネルである、フェンダー、 ドア、バックドア、などが事故で変形し、修理、交換しても修復歴有りとはなりません。

外板パネルは例えていうと、人間の肉にあたる部分で、ケガをしても復活し骨や臓器に影響しないように、外板パネルの損傷で、車のエンジンや走行に影響をあたえません。


修復歴有り: 車の駆動系や各部品を支える骨格部分(ピラー、コアサポート、インナーパネル)などで、この部分が損傷すると修復歴有りとなります。

骨格部分は例えていうと、人間の骨にあたり、人も骨にヒビが入ったり折れたりすると、歩行が困難になったり、後遺症がでたりと身体にに影響がでるように、車では駆動系や走行などに影響をあたえ、修理をしてものちのち故障の再発率が高くなります。

なぜ修復歴車は査定額が低いのか

このように骨格部分が損傷すると歪みが出てそのせいで車のアライメント(整合)が崩れるため、そこから故障しやすくなるからです。

同じ場所を直しても直してもまた故障するということが起こりやすいのです。

大げさにいうと、中古車を買ったのはいいが、走っていると右や左に傾いて、常にハンドルを握っていないと真っ直ぐ走らない車なんていやですね。

こんな車に当たらないためにも、中古車を買う前に修復歴の有無を確認するのは、ぜったいに重要といえるでしょう。

買ってしまってからでは、売った側も対応してくれなかったりしますからね。

フィリピンの中古車購入事情

フィリピンではどのようにして中古車を購入しているのか。 

中古車店

マニラ首都圏のQuezon city(ケソン市)という地域で規模が大きい中古車店を多くみかけたことがあります。

車は展示していますが、日本のように、金額、年式、走行距離、修復歴の有無などが書いているボードがありません。

個人間での売買

インターネット、Lazadaなどの個人売買サイト、Facebook、SNS、駐車中の車にFor Saleと張り紙がしてある、など

個人での売買となるため、取引きのさいになにかと心配や問題があるでしょう。

フィリピンでの中古車買取り事情

車買取店がない

フィリピンでは車の買取り店という業態がありません。以前の日本もそうで、購入したディーラーで下取りしたり、街の中古車店に売却したり、個人で購入者を探したりするのでしょう。

そのため、修復歴を見る慣習がないと私は思います。

繰りかえしになりますが、修復歴の有無の開示をすることを法律で決められている日本とはちがい、フィリピンで中古車を購入する前に、修復歴が有るか無いかを確認するのは非常に重要となります。

私がなぜ車の査定に自信があるのか

ここで車の出張査定サービスをする私の紹介をします。

私が車査定のエキスパートになるきっかけは、業界大手車買取り店の営業として初めて車の仕事ついてからです。

車買取店の営業が査定ができないと取引価格がでず、お客さんにいくらで金額提示していいのかわからず、車が買い取れません。

買取り金額の左右される多くの原因が、修復歴の有無によるちがいです。

通常の普通車で20万円~50万円の差、高級車になると100万円以上の差がでることがあります。

なので、車の買取店で査定ミスをすると店に多大な損害を与えることになります。

私のいた車買取り店では査定ミスをすると、社長からものすごく詰められることがありました。

私はそうなりたくなかったので、毎日毎日繰りかえし査定の練習をしました。

車の査定はアンティークの鑑定師と同じ

ある時計の鑑定師が新人のころに先輩の鑑定士から「とにかくずっと本物だけを見るように」といわれ、そのようにしていたらいつの日か本物と偽物の違いがわかるようになったという体験談を聞いたことがあります。

私はその話しに感心し、これは車の査定でも同じではないかと試してみることにしました。

私のいた店では新車の販売もしていたので、入庫してくる新車を毎回査定していました。同時に他のスタッフが買い取った中古車も全台数必ず査定するようにしていました。

すると3ヶ月もすると修復歴の有無が見分けられるようになってきたのです。

そのあと車買取店の本社である新車ディーラーに異動となり、そこでは他のディーラー営業マンの査定がおぼつかないので、社長の顧客の下取りがある場合、社長はいつも私に査定を任せていました。

そういった経歴で、私は修復歴車を99.9%見逃さない自信があります。

探偵マニラスクープの車の出張査定サービスの内容

エリア:マニラ首都圏の中古車店、個人宅まで伺います

20分ほどで査定をし、修復歴がある、エンジンの異音などがあるなどの場合は、車を実際に依頼者様と見ながら説明します。

査定を依頼する前に依頼者様から販売店や、車の所有者にしていただきたいこと

車の所有者に、修復歴の有無があるかどうか査定士にみさせる旨をあらかじめ伝えていただきます。

所要時間30分ほどをかけ、エンジンの始動、ボンネット、ドア、バックドア、の開閉をし車を見る許可を得てください。

場合によっては、フレームと内装の内張りの隙間をかくすビートというゴムをはがしてみることもあります。査定後ビートは元どおりにきれいに戻せます。

査定のできる環境を整えていただく

ドアが全て開けられるスペースがあること、開けられない場合路上など別の場所に移動できること。

サービスをお断りする場合

以下の場合はサービスをお断りすることがあります。
危険なエリアでの査定

依頼者様が現地にこない場合(所有者と私のみ)

その他できないこと
金額交渉には関わらない。

所有者の立場もあるため、直接、所有者と話し金額交渉には関わりません。

妥当な販売価格の提示

日本で販売している車種でグレードが特定できるなら、グーネット、カーセンサーなどのインターネットで販売している車からだいたいの日本での販売価格はわかるのですが、フィリピンの車の売買取引き価格の情報がないため妥当な販売価格をお伝えすることができません。

輸入税が高いため、フィリピンで新車を購入すると、日本の1,5倍くらいします。

日本でのだいたいの販売価格を知りたい場合お伝えするのは可能です。ただしグレードを調べるため後日になります。

査定をしてもわからないこと

日本車メーカーでフィリピンオリジナルの車のグレードの特定:日本で販売している車であれば、メーカーのグレード問い合わせサービスを利用するとグレードを教えてくれますが、フィリピンではそのサービスはないでしょう。

メーター改ざん車:メーターを交換したり、メーターを巻き戻したりしたりすることで、日本の法律では禁止されています。

日本の車検証があれば、車検時のメーターの記録があるので、改ざん車かがわかるのですが、車をみただけではわかりません。

査定額:フィリピンの売買の相場がわからないため査定額の提示はできません。日本ではオークションで取引されている価格をもとに目安に査定額を決めます。

不具合の原因の特定:整備士の経験がないため、 エンジンの不具合、駆動系の異音などの確認はできますが、何が原因でどのように修理すればいいのかはわからず、お答えできません。

サービスの料金

出張査定1台 6,000ペソ~(私の住むマカティから出張先の場所により変わります)
同じ時に同じ場所に2台あれば、2台目から3,000ペソ~

プラス、交通費(タクシー代)

マカティのレガスピ、サルセドエリアまで運転してきてくれる方は、1台4,000ペソ

プラス、交通費(タクシー代)

となります。

お問い合わせ・ご連絡方法

お問い合わせ、ご質問はまずはメールにて承っております。

住所、氏名、電話番号、職業、メールアドレス、お問い合わせ内容、ご質問などをお知らせください。

その後、メールでの返信、必要ならばSNSでのチャット、電話、ZOOMなどで面談をさせていただきます。

サービス提供者:シオン

連絡先:sion00031@gmail.com

ブログ:https://sionblog.net/

まとめ

査定をせずに修復歴車を買ってしまうと、のちのち故障が再発する確率が高く、修理するのが大変になることがわかっていただけたと思います。

中古車の査定なら「【フィリピン・マニラ】探偵マニラスクープの中古車の出張査定サービス」にご依頼ください。

まずはお気軽にご相談ください。

コメント

Copied title and URL