【フィリピン株】フィリピン在住者のための、証券口座の開設のしかた(AB証券)【マニュアル】

投資

この記事ではフィリピンの証券口座開設について紹介します。

最近フィリピンの株が注目していて、「実際フィリピン株ってやってみたいけど証券口座をどうやって開設したらいいんだろう」って思いますよね。

私の証券口座開設のマニュアルと同じようにすれば大丈夫です。

フィリピン証券口座開設のマニュアルですぐに開設できますよ。

この記事を書いている私はフィリピン在住歴6年。いろいろな投資を模索していくなかで、資産を増やすのにはフィリピン株がいいと目をつけ始めました。

【フィリピン株】フィリピン在住者のための、証券口座の開設のしかた(AB証券)【マニュアル】

フィリピン株を買うのにはどこの証券会社がいいのか?

ずばりフィリピンの証券会社は「AB証券」がいいでしょう。

AB証券を選んだ理由

私がフィリピン株をあつかっている複数の証券会社の中からAB証券を選んだ理由は、あるM氏という方が開催していたオンラインセミナーを観てです。

M氏は日系企業の駐在員としてフィリピンに就職し、そこが超ブラック企業で、一念発起しフィリピン投資で1億円の資産を築いた方です。

日本より手数料が安い

以前からM氏のメルマガを読んでいたのですが、実際セミナーでM氏の話を聞くとわかりやすく、説得力があったのです。

人口ボーナスによって若い世代の購買層が増え、経済も上り調子になることはどこでも聞く話しで、理屈ではわかっているものの、

「ふーんそうなんだ」くらいしか思わなかったのですがM氏が解説すると、

「そりゃ、これから経済が右肩あがりになるなら、早めの今のうちに買っておいたほうがいいわな」という気持ちにさせられたのです。

証券会社の比較も日本の証券会社は手数料が高いということで、AB証券がよいと判断しました。

私は別の機会で直接M氏に会ったことがあるのですが、人情深く、誠実でとても信頼のおける方です。

以前BDOのセミナーに行き、そこで紹介していたBDO Nomura証券をいざ口座開設してみようかとホームページを覗く、とわかりずらかったという経験があります。

今回のM氏のセミナーとBDO野村のホームページをみてAB証券がいいとふんだわけです。

AB 証券の説明

AB証券の手数料

・購入時は購入価格の約0.3%
・売却時は売却価格の約0.9%

が購入、売却時に手数料が引かれます。

参照:SDIVISION フィリピン証券口座開設についてよくあるご質問

日本のアイザワ証券は購入方法によりますが、売買代金の1.65%~2.2%がかかります。

フィリピンで歴史がある

AB Capital Securities、Inc。(ABCSI)は、65年以上の業界プレゼンスを持つ、フィリピンを代表する株式仲買会社の1つです。 ABCSIは、そのパイオニア精神に忠実であり、今日の情報化時代をリードし、オンライン株取引を提供した最初の地元証券会社の1つです。

参照:AB Capital Group

なんと、フィリピンで65年以上も歴史があるのです、老舗ですね。

私は現在フィリピンに在住していて、今回フィリピンでAB証券の申込みをしたので、そのことを紹介します。

フィリピン在住者向けAB証券の口座開設のながれ

準備するもの

必要な書類は下記のとおりです。

日本語に約します。

  • 政府発行の有効なIDとその横にIDのサインと同じサインを3回する。
    自分とValid IDが写っている写真(私はパスポートと一緒に写しました)
  • 自分の住んでいる住所が記載された郵便物などスキャンコピー
    郵便物の電気代の請求書はコンドミニアムのユニットオーナーの名前になっているので、どうかなと思ったのですが、大丈夫でした。
  • フィリピンの銀行口座の情報

オンラインで登録の手つづき

AB証券のホームページから口座開設のページを開きます。

Username、passwordを問われるので、適当なのを入力します。

Security question の設定があります。

・母親の旧姓
・ペットの名前
・子供の頃のヒーローは誰だった

など、自分の覚えやすい問いに回答します。

次の画面にすすむと

名前、住所、職業、勤務先住所、TIN number、ACR-Iカードnumberを入力していきます。

解説

TIN numberは持っていたので入力しました。

私は仕事をしていますが、職業はどうしようか迷ったのですが、職業有りとするとVISAなどを求められそうで、リタイアメントを選択しました。

IDのアップロード

私はパスポートの顔写真の見開きページをコピーし、パスポートの横にパスポートと同じサインを3回しました。

全て入力が終わると終了画面には10,000pesoの銀行デポジットをするように書いてありました。

AB証券のデポジット先は3種類

  1. BPI
  2. BDO
  3. Metorobank and Trust,Co.

数日後AB 証券からメールがきます。

ですが私の場合2~3日こなかったので、こちらからメールをしました。

「この口座にデポジットするけど大丈夫か?」と聞くと、

20分くらいしてそうだという返事がきました。フィリピンではめずらしくクイックレスポンスなのでおどろきました。

※送金をしたら送金の明細を必ずスクリーンショットなどで撮っておきましょう。

BDOのオンラインバンクで送金し、送金明細のスクリーンショットをメールで送ると、

また20分ほどで、メールがあり、「5~10分ほどのインタビューがあるので、メールを待つように」とのことでした。

そのメールが確認できたのは2日後でした。送信してきたのが2日前だったのですが気づかなかったのです。

すでに日程が決まっていて、メールを確認した時点から3時間後になっていました。

あわてて、ZOOMミーティングを予定通り実行してもうらようにメールの返信をしました。

仕事中だったのですが5分ほどで終わるということなので大丈夫でした。

オンラインZOOMインタビュー

オンラインインタビューで準備するモノ

・Valid ID
・紙とボールペン

IDはそのときパスポートがなく手元にあった「TIN numberのIDでいいか」とメールすると10分ほどで「OK」と返事がありました。

そして3時間後の午後1:15分に設定されたZOOMインタビューに挑みました。

インタビュー時の様子

午後1:15になり、フィリピン時間で何分か待たされるのかなと思っていたら、これもすばらしく時間通り始まったのです。

女性の方が挨拶のあと英語で質問をしてきました。

聞かれた内容

・生年月日
・住所
・職業 Occupancy

職業に関してはなんて記入したのか忘れ、

”I don’t work now.”

と答えると

”Are you retirement all right?”

とわざわざふってくれたので、

”Yes Yes I am retirement now”

と間ぱついれずに答えました。お姉さんがフォローしてくれてよかったです(笑)

リタイア前の職業 Previous occupancy

聞き取りずらかったのですが、Previous と聞こえたので

「最後の仕事はなんですか」と聞いているのかなぁとおもい

「カーディーラーのセールスマン」と答えました。

「それが最後の仕事ですか?」

と聞かれたので、「Yes」と答えました。

「紙にサインを3回してください」

といわれたので、ああ、そのために紙とボールペンを用意するのねと思い、

スマホを手で持ってテレビ電話していたので、

(両手がふさがって、サインしているところを見せるのか困難だなぁ)と思いながら

「書いているところをみせるんですか?」と質問すると、

みせなくて大丈夫ということでした。

(じゃぁこの場で書く意味なくねぇ??)

と思いつつも携帯を脇にはさみ壁を使ってかきました。

インタビューが終わったあと、

「ACRーIカードとその横に紙に3回のサインをした写真」を送ってほしいといわれ、

私はACR-Iカードを以前財布とともに落としてしまったので、ACR-Iカードを紛失した理由を伝え、

「有効期限の切れたACR-Iカードでいいか?」

と聞くと、「それでいい」

とのことでした。

ZOOMインタビュー終了後

ZOOMインタビューの後、ACR-Iカードと署名の写真を添付し、

「これで大丈夫か?」

とメールするとまた20分以内に

「大丈夫、3-4営業日以内に口座開設の案内を送るからお待ちください」

という返事があったので待っていました。

5営業日、6営業日たってもメールが来ないので催促すると、ここで初めて連絡の遅延があったのですが、20分以内に返事がありとても早かったです。

「本日中に開設の案内を送ります」ということで、待っていると本当にその日にメールが届いたのでした。

口座開設後のログイン

口座開設用のURLが届きログインすると、画面内容がよくわからずYouTubeが添付していたので、それを見るとフィリピン人のわかりやすい英語だったので、字幕と一緒に聞き取りその通りに操作しました。

YouTubeで残高の確認、ホーム画面の残高のところをみるとなんと0になっていたのです(汗)。

けっこうあせりました。(おいおい、大丈夫かよ?フィリピンだから送金してもデポジットされないなんてありえそうだなぁ、、、)

心配になりつつも2~3日後にログインすると送金した10,000pesoがぶじ反映していました!

そのときはホッと肩をなでおろしました。(フィリピンなんで、なんでもおこうります)

まとめ

この記事をよんでいただいたら、フィリピンで証券口座を開設するのはとっても簡単ということがわかっていただいたと思います。

この記事はフィリピンに在住している方向けに紹介しました。
日本にいてもAB証券は開設できるようです。

感想:フィリピンにしてはAB証券のカスタマーサービスの方のメールのレスポンスがものすごく早く奇跡かとおもいました。

フィリピン株をするのに、フィリピンの証券口座を開設するには、売買手数料が安く、レスポンスが早く、簡単でスピーディーに開設できる「AB証券」がオススメです。

フィリピン株に関するM氏の書籍の紹介

私が「フィリピン株を今すぐぜったい始めたい」という気持ちにさせてくれたM氏の書籍を紹介します。

副業時代に手堅く儲ける フィリピン投資入門 | 町田 健登 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで町田 健登の副業時代に手堅く儲ける フィリピン投資入門。アマゾンならポイント還元本が多数。町田 健登作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また副業時代に手堅く儲ける フィリピン投資入門もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

次の記事

>>【フィリピン株投資】AB証券 口座開設後のデポジット(入金)の方法【マニュアル】

関連記事

>>【海外送金】フィリピンから日本へ送金するならWestern Union(ウエスタンユニオン)がおトクな理由

>>【フィリピン不動産投資①】投資用コンドミニアムの購入

最後まで読んでいただきありがとうございます。
次回またお会いしましょう。
でわっ!

コメント

Copied title and URL