【体験談】転職でフィリピン就職した私の給料は10万円でした

海外

こんにちはしおんです。

私は転職で、フィリピン就職をしました。

余談ですが、転職でフィリピンのマニラに就職した私は、給料が10万円でした。

いま考えると「安いな・・・」とは思いますが、

とはいえ毎日外食していた&仕事は残業もなく、休日は毎週必ず取れたので、後悔はなし。

フィリピン就職は、わりとありな選択肢なので、生活のリアルについて、ブログでも書くことにしました。

今回は、フィリピン就職事情について、本音を書きます。

転職でフィリピン就職した私の給料は10万円でした

 場所はフィリピンのマニラです。

ぶっちゃけ、わりと楽しい生活をしていたので、具体的に解説していこうと思います。

生活費は10万円でも、かなり楽しいです

アパート代は会社支給でしたので、飲食代、娯楽費で毎月8万円ほどを使ってました。それでも、ぶっちゃけかなり楽しかったです。

 10万円でのマニラでの生活とは

食事はだいたい外食でして、近くにおいしい各国のレストランがたくさんあったので、飽きることはありませんでした。お酒が好きなので毎日浴びるほど飲んでました。

週末はローカルのBARに行って飲んだり、たまにビーチに行ったりという生活でした。

あと、フィリピンに住むと、サイドカータイプのオートバイのタクシーが、タクシーより細かいところをあちこち走っていてどこでも乗り降りできるので、移動は安くとても楽ちんでした。

給料が15万円以上なら、フィリピン就職もあり

私はトータルで10万円でしたが、結構満足でした。目安として、月15万円で住居が会社支給だったら、かなり楽しい生活だと思います。

月10万円では、わりとローカルな暮らしですが、仕事をしながら、海外旅行をしている気分を味わえるので満足です。

月15万円で住居別の会社は現地の会社では難しく、日系の会社になるとは思いますが、、、。

就職先は現地の会社でした

ちなみに、フィリピンだと労働環境は日本より良いのでは、、、と思います。

フィリピンに駐在員として来る日本人は、日本でも毎日、長時間の残業、休日出勤あたりまえっていう、ものすごい劣悪な環境でも耐えられる人が選ばれて来るみたいですけど、現地採用で就職したら、会社はそこまで働く人を求めていないでしょう。

私の就職先は日系企業ではなく、現地の会社でしたので、残業とかは、ほとんどありませんでした。あと、私の友人にもフィリピンの会社で働いている人がいますが、基本的に時間に余裕のある人が多いです。

まぁここは、会社によって違ってくるとは思いますが、、、フィリピンだと仕事よりも、家族や恋人と過ごす時間のほうがプライオリティが高い人が多く、現地人はほとんど残業しません。終業時間17時になると、みんなさっさと帰ります。

フィリピン就職の給料は安いけど、メリットも多い件

私の結論は、「日本に居るのがもう飽きた」「旅行だけでなく、海外でずっと生活がしたい」といった気持ちがあるなら、チャレンジしてみて欲しいです。

有給がとれずに、海外旅行に行けるのは、皆と同じ長期休暇の金額のハイシーズンの時だけで、それでずっと我慢して仕事しているなんて、考えられません。

昨今、会社はいつリストラ宣告するのかわかりませんので、「とりあえず、フィリピンで就職してみるか」という軽い気持ちでチャレンジすればOKかなと思います。

これが結論ですが、具体的なメリットも書いておきます。

 フィリピン就職のメリットとは

  • その①:ノルマがない
  • その②:残業がない
  • その③:パワハラがない

・その①:ノルマがない

営業の会社でしたが、経済が上り調子で会社の売り上げも調子良く、毎年右肩上がりで、その為か慣習なのかノルマがありませんでした。

朝礼も終礼も月例会議なんかもいっさいありません。

今思うと日本の会社は、しょっちゅう長い時間の会議やミーティングをしていて、それで結果があまり出ないという、とても非効率だと感じます。

・その②:残業がない

残業がないので、私の場合、帰りにカフェに寄って本を読んだり、ブログの記事を書いたりしてました。

副業はフィリピンの会社ではOKですので、小さな店舗を持ちスモールビジネスをスタートさせるのもいいでしょう。

・その③:パワハラがない

フィリピン人はプライドが高く、人前で怒鳴られたりすると、逆恨みをし、復讐することがありますので、上司が部下に怒鳴ることはほとんどしません。

また、欧米の文化が浸透してますので、上司が部下を不当に怒鳴ったり、侮辱すると簡単に訴えられます。

それは日系企業といえどもいえることで、日本人の上司はフィリピン人スタッフの指導にとても気を使っています。

フィリピンで働くことで、日本を客観視することができました。

たとえば、日本で営業の仕事をしている時に「義務を果たさず、権利を主張するな」とか「ノルマが達成できるまで、今日は帰るな」とか「親の死に目に会えると思うな」

とかって普通に上司が暴言を吐いてましたが、今思うと人間狂ってますよ。

東南アジアでの就職経験から、「そういった異常な環境で働くのはやめよう、もっと楽に、おもしろおかしく生きよう」と決意することができました。

さいごに:フィリピン就職に将来への兆(きざし)はあるのか?

繰り返しですが、企業がリストラを予告なくする世の中なので、同じ会社にいて安定的な未来とかは存在しないと思います。

なので、フィリピン就職とかを「海を越えた未知の世界」と受け止めずに、「仕事して、お金をもらいながら海外旅行ができるんなら、多少給料が安くてもいっか」という軽いノリでチャレンジしていいと思います。

今の仕事が、ご飯を食べる時間も惜しいくらい楽しくて、多少給料安くてもいいやってことなら、フィリピン就職なんて考えないかもしれませんが、、、そうじゃないなら、東南アジアという新境地で、とりあえず仕事してみて、そして海外から日本を客観視しつつ、今後の将来を考えるのもありだと思います。

というわけで、今回は以上となります。
就職相談できるサイトも下記に貼っておきます。

 フィリピン就職について相談できるサイト

・外資系・グローバル企業・ハイクラスの転職ならJAC Recruitment※「正社員(無期雇用)」の採用となります。

・転職エージェントのマイナビエージェント 人材紹介・転職サイト:定番のマイナビですね。海外募集も多く、登録して損しないはずです。

※日本で転職サイトだけで決めず、百聞は一見にしかずなので、現地に実際に足をはこんで会社を見に行ったり、その土地の雰囲気を感じ取ったりということが、とても大切だと思います。

あわせて読みたい

>>【経験者が語る】海外就職はフィリピンがいい理由

>>中途でフィリピンに海外就職した私が考える『メリットとデメリット』とは

>>転職するなら海外就職すべき話【手順も解説する/私は海外就職した】

>>海外就職に必要な英語力は 「中学生レベル」です【3ヶ月で習得可能】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
また、次回お会いしましょう。
では!

コメント

Copied title and URL