【クレジットカードをつくる】仕事を辞める前にすることとは 【退職シリーズ③】

仕事

この記事では仕事を辞める前にすることについて紹介します。

仕事を辞める前に「何かしておいたほうがいいことってあるのかな?」って思いますよね。

仕事を辞める前に「クレジットカード」をつくることが必須です。

「クレジットカード」があると退職したあとでも便利で安心して過ごせますよ。

この記事を書いている私は転職歴14回 、無職歴7回と転職と無職のエキスパート。

前回の記事では【会社を辞める】仕事を辞めるには次の勤務先を決めなくていい理由【退職シリーズ②】について紹介しました。

今回の記事では仕事を辞めるまえにクレジットカードをつくることの重要性をお伝えします。

クレジットカード(以下クレカ)が仕事を辞めたあとに必要な理由

クレカが仕事を辞めたあとに必要な理由は以下のとおりです。

  • インターネットビジネスをするかもしれない
  • 海外に行くかもしれない
  • 通販での買いものが楽ちん

下記で説明していきます。

インターネットビジネスをするかもしれない

インターネットを使ってビジネスをすることは、副業としても、これからの時代必要となってきています。

仕事を辞めたあとは収入がなく、時間をもてあましているので、何かと収入限が欲しくなることでしょう。

その際にクレカがないと非常に機会損失になります。

いざビジネスを始めようと思ったときには、仕事をしていないためクレカの審査が通らないといった可能性は高いです。

私は仕事を辞めて物販のビジネスをしようと思っていたので、在職中にクレカをつくっておきました。

海外に行くかもしれない

仕事を辞めたら自由になる時間がたくさんあります。この自由な時間を利用して長期の海外旅行に行きたくなるかもしれません。

その際に役にたつのが、海外旅行保険が付帯しているクレカです。

クレカの中では海外旅行保険が付帯しているものがいろいろとあります。

通販での買いものが楽ちん

退職後は時間がありあまっているので、することがないときは、本を買ってよく読んでました。

Amazonで買うのでクレカがあるとボタンひとつで支払いがすみ楽ちんです。

別の支払い方法の、「コンビニ支払い」とかはコンビニまで行くのがめんどくさく感じ、一度クレカを使ったらもうできません。

仕事を辞める前にクレジットカードをつくっておいたがいい理由

仕事を辞める前にクレカをつくっておいたがいい理由は以下のとおりです。

  • 退職すると審査がとおりずらい
  • 海外就職するとなかなかつくれない
  • 復職したとき在職歴がいる
退職すると審査がとおりずらい

仕事をして収入がないとクレカの審査を通すのはむずかしいでしょう。なので在職中につくっておいたほうがいいです。

海外就職するとなかなかつくれない

日本の就労環境があわず、海外で就職することもあるかもしれません。

海外でクレカをつくろうすると居住者ビザが必要です。観光ビザではつくれません。

復職したとき在職歴がいる

復職したときにクレカをつくろうとしても、在職歴が短いと審査が通りずらいです。在職歴は最低半年間は必要といえるでしょう。

作っておくといいクレカ

作っておいて損がないクレカは年会費がかからないものです。持っておくだけでも費用がかからず損はしません。

年会費が無料で海外旅行保険がついているクレカはさらにオススメです。

おすすめのクレジットカード

【クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン】↓
◆セブン&アイグループ対象加盟店でもポイントが貯まる!
◆年会費無料!

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン

UCSカード

◆旅行好きには外せない国内・海外損害保険も国内最高クラスで付帯!
◆国内主要空港で空港ラウンジサービスもご提供
◆年会費・・・初年度無料
2年目より、本人会員3,300円(税込)

クレカが複数いる理由

なんでクレカが複数いるのかというと、主に海外で使用した場合です。

なくしたり、スキミングなどの被害にあって、利用を停止したときでも他のカードがすぐ使えるように複数所有しておいたほうがいいのです。

クレカを申し込む際の注意

クレカを申し込む際の注意点がありますので、ここでお伝えしておきます。

クレカの申し込みの期間を一定以上空ける

1ヶ月に2回~3回までと、控えめに申し込みをしましょう。同じ時期にまとめて申し込みをすると、クレジットカード会社は「貸し倒れのリスクが大きい」と判断し、審査を厳しくする恐れがあるからです。

年会費の有無、更新の際の会費の有無を確認する

クレカには年会費がかかるのもあります。見覚えのない引き落としがあり、調べたら年会費が引き落とされていたということがあります。

初年度は無料で2年目から有料というカードもあり、年会費の有無は必ず確認しましょう。

※年会費がかかるクレカは海外旅行保険が充実していたり、空港のラウンジが無料で使用できたりと年会費以上のメリットがあるものもあります。

内容をよく確認し、目的に合わせて年会費のかかるクレカも申し込むのがいいでしょう。

クレジットカードを申し込む際の心配

心配するAさん
心配するAさん

「クレカを申し込んだら、いきなりわたしの会社に信販会社から頻繁に電話がかかってきたりしないかしら、、、」


「そうなったら会社のみんなから怪しまれるかもでいやだわ」

もしかしたら、あなたはこのようなことを心配してはいませんか?

大丈夫です、心配ご無用です。信販会社はあなたの会社宛てに偽名で(たとえば田中とか佐藤とか、あたかもあなたの知り合いように装って)電話をかけてきます。

そしてあなたが会社にいなくても、偽名であなたがいるか確認するだけです。

その会社に在籍しているかどうかを確認するだけですので、他の社員にバレることはありません。安心してお申し込みください。

もし仮に、1度の申し込みで審査に通らなくても、他に審査をとおす会社はいくつもありますので何度もチャレンジしてみてください。

ただし、先程もお伝えしたように「申し込みは1ヶ月に2回から3回まで」とくれぐれも慎重にしてくださいね。

心配するBさん
心配するBさん

「クレカは自由にどこでも使えて便利そうだけど、使いすぎてお金が返せなくなるかも…だからわたしは持ちたくないわ」

そんな慎重な方も中にはいるでしょう。

私も以前は同じ考えでした。

たとえ話ですが、食べ放題のレストランに行っておなかをこわすまで食べすぎる人がいるでしょうか。

それと同じで収入がないのに預金以上のお金を使ったら、借金でくびがまわらなくなるのは想像できると思います。

ふだんから自制心がある方はクレカをもったとしても、使いすぎることはありません。

クレカ申し込み後の手つづき

クレカは申し込みして審査がとおり自宅に届くまで、1~2週間かかります。

クレジットカード会社によってはカードが手元に届いてから、ホームページで登録したり、その会社に電話をしてカードが使えるようにしたりする手続きがあります。

カード会社ごとに調べ、必ず使用出来るように手つづきをしておきましょう。

私のクレジットカードをつくってからの体験談と失敗例

クレカをつくってからの体験談

私は日本の会社を辞めるときに定期的にクレカの申し込みをし、合計6枚のクレカをつくりました。

なぜそのときクレカをつくろうと思ったのかというと、物販ビジネスを始めるのと、海外に仕事で行くことがわかっていたので、もう安定した仕事に就くことはできないと思い、たくさんの申し込みをしました。

物販ビジネスはAmazonのサイトに自分のネットショップをつくり、注文が来てから仕入れ、購入者に送るというビジネスです。

クレカを使ってインターネットで仕入れをするので、ポイントがどんどんたまっていきます。そのポイントで自分のプライベートのモノが買えるので、物販の利益とポイントの利益があり2度おいしいのです。

そのとき一番感じたことは、クレカ以外の方法で通販でモノを買うのはポイントもつかない、手間もかかるのでムダとだということです。

クレカをつくってからの失敗例

私はクレカをつくってから海外就職したのですが、住所を転出したまま、住所不定としていました。

そのあとクレジットカード会社からの書類が転出した住所に送られ、宛先き不明で返送され、全てのカードが使えなくなってしまったという失敗があります。

ということにならないためにも、海外に長期間出る場合は「郵便局の転居・転送サービス」に届け出をしましょう。

※郵便局の窓口に転居届を出しておくだけで、1年間、旧住所あての郵便物等を新住所に無料で転送します。

転送先は実家や兄弟にお願いしてみましょう。

さいごに

クレカはもっている数が多ければ多いほど、退職者にとってのちのち、とても強い味方となり、万が一の高額な出費のときには救世主にもなりますので、ぜひ多めにつくっておきましょう。

 まさに、「何の得ることのない友人をもつよりは1枚のクレカをもて」といえるでしょう。

 それでは、今回は以上となります。

次の記事>>【創業融資】誰も教えてくれない 仕事を辞めるまえにやっておいて欲しいこととは【退職シリーズ④】

前の記事<<【会社を辞める】仕事を辞めるには次の勤務先を決めなくていい理由【退職シリーズ②】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
次回またお会いしましょう。
でわっ! 

コメント

Copied title and URL