【サラリーマン副業】サラリーマンが副業するには転売ビジネスがいい理由・今の時代副業をしないと生き残れません①

仕事

この記事ではサラリーマンが副業するには「転売ビジネス」がいい理由をお送りします。

企業や国が副業を推奨する時代になり、「いったい自分は何をしたらいいんだろうっ」て思いますよね。

「転売ビジネス」は誰でも気軽に始められるのでおススメです。

「転売ビジネス」の副業でおこずかいが稼げますよ。

以前の記事【結論】サラリーマンは副業しないとヤバイ時代 スキルアップして起業もありではこんなことを書きました。

「残業をなくそう!」「リモートワークで自由な働き方を!」と働き方改革を言いだし、副業を推奨しているのは、社員の側ではなく企業や国であると。

いつまでも企業や国は従業員の面倒をみていられる時代ではなくなっているのです。

こんな世の中ですから、どこかで不安をいだきながらも、「何をしたらいいかわからない」と思いつつ日々の仕事をするだけの毎日ではないでしょうか。

そこで今回は誰でも今すぐできて稼げる副業ビジネスをお伝えし、「自分の生活くらいは自分で舵をとりたい」とおもっている意識の高い方に、すこしもの知識となればとこの記事を書きました。

この記事を書いている私は、副業として知人のビジネスを手伝ったことが3回、ネットワークビジネス(MLM)を半年間、ヤフーオークションやAmazon出店したりとビジネスの経験は多々あり。今は起業を目指しさらなる行動をしています。

サラリーマンが副業するには転売ビジネスがいい理由・今の時代副業をしないと生き残れません

今すぐ始められる副業の種類

たとえば今すぐ始められる副業で、あなたができるのはどんなことがあるでしょう。

  • アルバイト
  • アフィリエイト
  • YouTube
  • 店を出す
  • コンサルタント的なこと
  • 動画編集
  • 今の仕事の延長線でできること
  • 転売ビジネス

ざっと思いついただけでこれだけの副業が挙がりましたが、どの副業があなたにできるでしょう。

出店したりUBerの配達員などは準備したり初期費用がかかるでしょう。

コンサル的なことや今の仕事の延長線のことでは、集客が必要になるでしょう。

アフィリエイトや、YouTubeで広告収入を得るには、収益がでるまで時間がかかります。

動画編集は今すでにYouTubeでしている人にとってはいいかもしれません。

この中で気軽に誰でもできるのは「アルバイト」と「転売ビジネス」といえるでしょう。

アルバイトは絶対にやらないほうがいい

しかしアルバイトは副業ではやってはいけません。

なぜなら時間が拘束され、時間を切り売りすることになるからです。

副業でアルバイトをするのは無能のやることです、絶対はやってはいけません。

仕事が終わってからの生産的な大切な時間を、切り売りしてはいけません。

アルバイトをしているときのあなたの価値はその時給でしかないのです。

そこで私がサラリーマンの副業でおススメするのが転売ビジネスです。

転売ビジネス

転売ビジネスとは

転売ビジネスとはセドリとも呼ばれ、商品を仕入れ販売しその差額で利益を得る商売です。

なぜ転売ビジネスをおススメするのか、理由を下記します。

  • 資本がかからない
  • 運営費がかからない
  • 在庫がいらない
  • リスクゼロ
  • 人に会わなくていい
  • 在宅でできる
  • すきま時間でできる
  • 物販のノウハウが身につく
  • 家にある不用品でできる

とこのように転売ビジネスにはメリットがたくさんあります。

実際に私のやった転売ビジネスを紹介し、これらのおススメする理由を解説していきます。

私のやった転売ビジネス

  • ヤフーオークション(以下ヤフオク)
  • アマゾン国内出店
  • アマゾン海外出店

この中でヤフオクとアマゾン国内出店は、仕事の合間にやりながら、おこづかいが稼げたのです。

ヤフーオークション(ヤフオク)

ヤフーオークションとは

インターネット上の競りで、個人が自由にモノをオークションに出品でき、出品者が決めた時間内に一番高値を出した人が買えます。

副業でビジネスをスタートするにはヤフオクがいい理由

仕事をしているサラリーマンが、はじめに気軽に副業をするにはヤフオクがいいでしょう。

ヤフーオークションで出品するモノは、わざわざ仕入れる必要はなく家の不用品でいいのです。

家で眠っている、服、靴、本、おもちゃ、ゲーム、家具などはありませんか?

私はヤフオクでは主に次のモノを売っていました。

着なくなった服、革ジャン、ズボン、ニット、その他リサイクルショップで購入したレトロな「パタパタ置き時計」。

パタパタ時計とは、時間を表示する、数字が書かれたプラスチィックの板が、1分ごとにパタパタと変わるのでパタパタ時計という。

昭和50年くらいの製品で、色が白、黄、赤、とあり、新品のまま箱に入っていて、地方のリサイクルショップで1個300円でみつけました。これは売れるだろうと、30個ほど仕入れ1個2,500円~3,500円で出品するとどんどん売れました。

なれてきたらこのようにリサイクルショップや不用品の「売ります・買います」のサイトなどで安くモノを仕入れヤフオクで売るのがいいでしょう。

物販のノウハウが身につく

ヤフオクに出品してから商品が売れ配送するまでには

  • 商品の選定、仕入れ
  • 商品の写真撮影
  • 商品の説明文やタイトル、キャッチコピーを考える
  • 出品
  • 落札後、入札者とメッセージのやりとり
  • 集金
  • 梱包
  • 配送
  • 売却後、1品あたりの利益の計算

物販に関する一通りのことをするので、物販ビジネスの基礎が学べます。

また、オークションで高く売るためには自分の商品を目立たせたり、マーケティングについて調べたりとそれなりの工夫が必要となり、それがビジネスをする上で糧となります。

ヤフオクの手数料は売れたときしか取られませんので、資本や維持費がかかりません。

このようにヤフーオークションをやるのはメリットしかありません。

ヤフオクで慣れてきたら、次はアマゾン出店にも挑戦です。

アマゾン国内出店

インターネットショップのアマゾン出店とは

インターネットショッピングをされる人なら誰でも一度はアマゾンのサイトを覗いたことがあるのではないでしょうか。

そのアマゾンのサイト内で自分の店を開くことができるのがアマゾン出店です。

アマゾンに出店するには、サイトで申し込み、審査に通る必要があります。
審査に通るとその日から販売ができます。

  • 出店費用無料
  • 維持費無料

で商品が売れたときだけ、売却額から手数料が引かれるので、資本金がかかりません。

アマゾンに登録してある商品なら売れる

アマゾンに登録してある商品は特別な許可を必要とするモノ以外は全て売ることができます。

逆に登録していないものは売れないので、不用品の服とかはブランドもの以外は登録がないので販売できません。

ヤフオクとの違い

アマゾン出店では、新品、中古ともにあらかじめアマゾンで用意された写真を使います。

中古品は写真が掲載できず、品質のレベルやダメージや変色などは文章で記載をします。

そういう点でいうと、他店との比較があまりできず、市場によく出回っている製品ですと価格競争におちいりがちです。

私の出品したモノ

  • 家にある不用品:本、TV
  • 仕入れて出品したモノ:人形、フィギア、アニメグッズ、ゲーム、DVDなど

商品を仕入れる場合はネットショップのヨドバシカメラやビッグカメラなどで安い時期を選んで購入しました。

仕入れをする際に、あらかじめ売却金額の予想をし、経費を引いて儲かるかを計算します。

このように仕入れをして販売をするので、ビジネス色はつよくなります。

100品以上のモノを出品し、ほとんどが原価より高く売れ利益がでました。

FBAで半オートマティック

アマゾンのFBAというシステムを使うと、商品を仕入れした状態のままダンボールに詰めアマゾン倉庫に送るだけで、

梱包

売却後の出荷

配送

をすべてアマゾンでやってくれるのです。

なのでフィリピンに来てからはほったらかしで、「商品が売れました」というメールがちょくちょく届き、あとは代金が勝手に銀行に振り込まれていったのです。

平日は仕事をしながら、インターネットで安い商品がないかリサーチして、あったらポチリ(購入)ます。

まとまった仕入れができたら、土日などの休みの日に、アマゾンのFBA倉庫へまとめて送る準備をすればいいのです。

これなら十分すき間時間でできるビジネスといえるでしょう。

さらに商品はインターネットショップでクレジットカードで購入するので、店のポイントが貯まっていき、そのポイントで自分の好きなモノが買えるのです。

アマゾン国内出店もリスク、資本、時間もかからないので副業としてはうってつけのビジネスといえるでしょう。

本業でやるのは厳しい

アマゾン出店ですが、本業でやるのはちょいと厳しいです。

出店数が多く競争が激しく、薄利な商品もあるので、販売数が多く必要になってきます。

そのための商品リサーチや、リアル店舗への仕入れ、出品手つづきなどに、多くの時間をとられます。

私の場合、40歳の誕生日までに独立すると決めていたので、その誕生日の半年前に仕事をやめてアマゾン国内出店、アマゾン海外出店のビジネスで食っていこうとしました。

しかし退職してから、時間を投下してビジネスをしても月1万円くらいしか稼げなかったのです。

理由は転売ビジネスで稼いでいる人は、商品を独自のルートで仕入れたり、他者が売っていないものをあつかったりします。そのための知識やコネクションは必要です。

退職して3ヶ月目くらいで、これじゃとても食っていけないなと思っているうちに、フィリピン行きのプロジェクトがスタートしたので、結局それをきっかけに転売ビジネスから手を引くかたちになりました。

まとめ

今回紹介したヤフオクとアマゾン出品は、資本や、リスクがかからず誰でも簡単にでき、おこずかい程度は誰でも稼げるので、まずは副業でスタートし、今の仕事をつづけながら転売ビジネスでいろんなスキルを身につけ、次のビジネスへと展開していくのがいいでしょう。

次回は海外アマゾン出店について紹介していきます。

アマゾン出店をしたい人はこの本がオススメ

いざアマゾン出店をしようと思っても何から手をつけたらいいのかわからないですよね。

そこで「Amazon出品サービス達人養成講座 」の本を読んで出店フローから注文、出荷までのやり方を学ぶのが一番オススメです。

特にAmazonで使える無料ツールの紹介があり、実践でとても役に立ちました。

私が参考にした「Amazon出品サービス達人養成講座 」の本はこちら

Amazon出品サービス達人養成講座
Amazonで小笠原 満のAmazon出品サービス達人養成講座。アマゾンならポイント還元本が多数。小笠原 満作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またAmazon出品サービス達人養成講座もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

次の記事>>【サラリーマン副業】サラリーマンが副業するには転売ビジネスがいい理由②【海外Amazon輸出】


あわせて読みたい>>【結論】サラリーマンは副業しないとヤバイ時代 スキルアップして起業もあり

最後まで読んでいただきありがとうございます。
次回またお会いしましょう。
でわっ!

コメント

Copied title and URL