仕事がつまらないなら、思い切って辞めるのもあり【低ストレスで働く】

仕事

こんにちは、しおんです。

5年ほど前に、思い切って仕事を辞めました。

今は海外で、ゆるくサラリーマンをしながらコンサルタントのビジネスを副業としています。

毎日の仕事がつまらないなら、思い切って辞めるといいですよ。そして海外でも旅したらOK。海外に旅行すると、いろんな国を旅しているバックパッカーに出会います。

中には10年も、日雇いなどの仕事をしながら、あちこちの国を旅してる日本人に会ったこともありました。わりと自由に生きている人に出会えます。人生は1回きりなので、仕事で消耗は辞めましょう。

上記を深堀りします。

会社で消耗しているなら、脱出するのもありですよ。

仕事がつまらないなら、思い切って辞めるのもあり

つまらない仕事は、時間の無駄遣いですね。

つまらない仕事では向上がゼロ 

言うまでもなく、つまらない仕事をしてもやりがいはありません。

週5日間、毎日を我慢して休日もばっとしない。それで、わずかな給料でやりがいもなかったらぶっちゃけやってられません。

他にも仕事はたくさんありますし、しばらく仕事をしない選択もあります。いつ会社側はリストラ宣告するのか、読めない時代です。無駄に消耗しすぎると、精神に負担がかかりすぎる時代だと思います。

「食べれなくなるかも、、、」という不安を断ち切って、辞めましょう。

辞めた後のプランは、テキトーで良い

 日本の慣習として「キャリアの空白は良くない」とかって言われますよね。

 あれは本当です。面接の時に「この期間で何してましたか?」と面接官によく聞かれます。

ただ「ぶらぶらしてました」とか、「自分探しの旅に出てました」とかいう返事をすると、この人まともに働けるのかな?と一般の企業ならそう判断します。勘ぐられてしまいます。

大丈夫です。履歴書には空白を入れないようにすれば大丈夫です。

これは、経験から言いますが、よっぽどの企業やあなたの求めるポジションがハイキャリアでない限り経歴を調べることはありません。

まあ、履歴書にちょっとした空白があるだけで、採用しない会社もどうかと思いますが、日本の慣習としてなかなか変わらないことが多いので、事前策を取っておいた方がいいかもです。

わりと最近ではIT系の会社などが、自由な風習ですので、そういった会社を選ぶのがいいかもしれませんね。

会社を辞めた後のプランは、テキトーでいいと思います。

まずはゆっくり羽をのばして、自分は本当は何がしたいのか探してみるのもありです。

好きなことだけしてお金をもらうのは難しいけど、消耗しなくても仕事はできる

 最近の本だと「好きなことだけして生きていこう」みたいなキャッチコピーが多いです。

素晴らしいですよね。それはいつかは現実になるかもしれませんが、ある程度のお金が必要です。

そうなるまでは時間がかかるので、「いつかは好きなことだけで稼げるようになるんだ」という心がまえでいいと思います。仕事の中には、みんながやりたくないようなことをしなければならないことがどうしてもあります。

その中に自己成長することや、もの凄いビジネスチャンスが隠れているかもしれません。

もし、フリーランスになってそれで稼げるようになったら、「好きなことだけして生きていく」のがいいでしょうね。

「好きなことだけして生きていく」のは、今は無理かもしれませんが、消耗は不要

 好きなことだけで稼ぐのは今は難しいけど、とはいえ「誰が見ても無駄に思うようなこと」や、「自分が本当に嫌なこと」は消耗するしかないので、やめましょう。

我慢したい人はそれでいいですが、私が思うに「おもしろ、おかしく働く」というのが、わりと幸せだと思っています。

「好きなことだけしていきていける」なら、それは最高です!

しかし、今はそうなるまで時間がかかるので、おすすめは「おもしろ、おかしく、働く」です。

低ストレスで働く方法

簡単すぎる話しですが、嫌じゃない仕事を探すことです。

シンプルですよね。

下記が、私の場合の具体例です。

・私の場合の高ストレス→ずっと会社にいる(外出できない仕事)、高圧で理不尽な上司、社内での雑談

・私の場合の低ストレス→外出、旅行、本を読む、一人でぼーっとする、人とは2人きりで話を聞くのが好き

上記のとおり。これは人によってそれぞれですね。

自分なりにこういった働き方なら、「おもしろ、おかしく」できるという未来を想像していると、そんな仕事が見つかってくるものです。

そして大半の人は「転職先でも同じストレスが待っているかも…」と思いますが、大丈夫です。また転職すればいいのですから。

10回以上転職すれば、自分の肌に合う仕事が見つかってきますよ。

履歴書には転職歴を実際より少なくし、アピール出来る仕事の期間を長く盛りましょう。

行動したら失敗するけど、何回も失敗した方が良い話し

私はたまに「仕事は楽しい?」と人にたずねたりします。

するとほとんどの人から、「楽しくないけどしょうがない」という返事が返ってきます。そういう人に限って結婚して子供がいたり、勤続年数が長かったりでつまらない仕事に呪縛されている感じです。 

最大のリスクは、チャレンジしないこと

ここから先は「現在の仕事がつまらなく、向上していない気がする…」という方向けです。

そういった環境で「辞めたいけど、、、リスクがあるな」と考えている人は、それ自体がリスクだと思います。

昨今、大手企業がこぞってリストラしたりと、今は安定して安泰な仕事など決してありません。

会社を辞めると、会社に行ってたときとは違った世界、人々が見られる

すでに退職経験があるなら分かるかもですが、会社から出てみると、そこには「会社に行ってたときとは違った世界がある」ことに気づきます。

私は8回も「無職」の経験があるので、その度に、海外旅行に行って外国人と触れ合ったり、国内の神社めぐりをしたり、実家にやっかいになったり、「無一文」になったりと、仕事に行っていた時には味わえない貴重な経験を何度もしました。

こういった感じで、新しいチャレンジをすると、何をしたいのかが見えてきて、次にステップアップするための最適な環境に近づけたりします。

無職になって、完全に1人で引きこもっていたら、心が折れたていたかもです。

しかし会社を辞めて、いろんな経験が出来たおかげで、次に仕事を始めたときには仕事ができる喜びも感じられるようになりました。これが無職のパワーです。

本気で消耗してるなら、日本を出よう


過去の私は、新車ディーラーの営業で消耗していました。

毎日、留守の顧客の家に訪問したり、朝礼、終礼、無駄なルーティーンの仕事のつまらさに辛すぎたので辞めました。

そして、あることがきっかけでフィリピンに来ることになったのです。

フィリピンなら、1ヶ月10万円で生活ができる話し

ローカル寄りの生活になります。

そして、お金がないので、派手な遊びとかもできないと思います。

しかし、私にとっては、とても楽しい日々でした。

というのも、ローカルの生活をするので、タクシーはあまり使わず、現地の乗合いのバン、3輪のサイドカーのタクシー、バス、などに乗ってあちこちと行き、観光気分を手軽に楽しめたのです。

また、現地の人達も気軽に声をかけてきてくれたりして、環境の変化と、フレンドリーな人柄とで、自然と心が晴れていったりします。

そして、1ヶ月後には「もう、日本には帰りたくない気持ち」と「消耗が抜けた晴れた心」が手に入ります。

こういった無職の期間をはさむと、少し楽観的な思考になれたりするので、かなりありです。

月10万円の生活の様子は>>【体験談】転職でフィリピン就職した私の給料は10万円でしたの記事をご覧ください。

なにはともあれ、消耗から抜けよう

というわけで、今回はこれくらいにします。

仕事で消耗している人は、まずは脱出してください。

・会社を辞めて、低ストレスな仕事を探す

・会社を辞めて、海外に旅をする

・会社を辞めて、国内の神社めぐりをする

例えば上記のとおり。会社を辞めても、なんとかなるので大丈夫です。

仕事を辞めるのは、金銭的な問題が心配になり、不安になるかと思います。

そのときに大切なことは、「自分を信じて」、「運命を信じる」ことです。

消耗から抜け出しつつ、環境を変えながら人生の居心地を高めるのがいいかなと思っています。

あわせて読みたい

>>心の底から仕事を辞めたいと思ったら「転職」するより「退職」することをオススメします【退職シリーズ①】 

>>【会社を辞める理由】こんな状況なら転職した方がいい理由 【転職シリーズ①】

>>【体験談】転職でフィリピン就職した私の給料は10万円でした

>>【経験者が語る】海外就職はフィリピンがいい理由

>>中途でフィリピンに海外就職した私が考える『メリットとデメリット』とは

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
次回、またお会いしましょう。
でわっ!

コメント

Copied title and URL