2020年 今年始めてよかったこと Top5

Uncategorized

この記事では、私が2020年始めてよかったことについて紹介します。

新しく迎える年に「何か新しいことに挑戦したいけど、何を始めたらいいかわからない」ってことありますよね。

先人たちがやっていておもしろそうなことを、とりあえずやってみるのがいいです。

とりあえずやってみると、楽しいかどうかわかりますよ。


この記事を書いている私は、転職歴14回と、好奇心でいろいろな職についてきました。

そんな私が、2020年の年初に始めたいなと思っていたことが、

・YouTubeで配信する

・オーディオブックを使った読書

・インターネットを使ったビジネスを始める

でした。

今この記事をかいている、2020年12月に結果として、YouTube、とインターネットを使ったビジネスが始められ、Amazonオーディブルを使って、オーディオブックでの読書は始めたけれど、じっくりと聞いている時間がなく結果解約しました。

その他、年初では考えていなかったのが、途中からはじめたのがヒットして、今でも続いていることがあります。

今回、私が2020年に始めて良かったことお伝えして、「オレもちょっとやってみたいな」って思ったら、「とにかくなにも考えずにすぐに始めてみて欲しい」ということをお伝えしたく、この記事を書きました。

特に始めたいと思っていたことを、

なぜ始めようと思ったのかの「始めた理由」

始めてみてどうなったのかの「やってみて」

ということをお伝えしていきます。

2020年やって良かったこと Top5

Top5 プログラミング学習

始めた理由

マコなり社長が勧めたから。

マコなり社長とは実績No1、日本最大級の、プログラミングスクール「TECH CAMP」の創業者で、ビジネス系YouTuberでもあります。

YouTubeではふだん仕事や日常に役立つ情報を発信していて、マコなり社長は仕事だけでなく日ごろの効率化を鬼のようにこだわり、そのことも動画で配信しています。

その効率化は私の生活でも役にたち、私自身の日常にも取り入れ役にたっています。

そのマコなり社長の「大人が必ず学ぶべき科目TOP3」という動画では、サムネイルに「知らないと恥ずかしい大人の必須科目」とあり、何かなと思って観てみると、

その科目が意外にも意外なことでした。

  • 第3位 アート
  • 第2位 プログラミング
  • 第1位 哲学

第2位のプログラミング学習はわかります、自身がプログラマーだったからです。

実績ある実業家のいうことだから、ビジネスに関することかと思ったら、第3位と第1位は「どうしてプログラミング学習の社長が?」と思いますよね。

なぜかはこの動画をご覧ください。

アート、哲学はこれまで本を読んだり、レポートを書いたりしたことがあるので、今までまったく手をつけたことがないプログラミング学習をやってみたいと思いました。

マコなり社長がなぜ始めたほうがいいのかという3つの理由

1、テクノロジーについて肯定的になることができる

2、頭が良くなる

3、起業・独立・キャリアアップに役立つ

ということです。

現代で必須、と聞いて「これはやらねば!」とさらにやる気をあおられました。

やってみて

私のこのブログはWordPressでつくっています。WordPressはプログラミングの知識がなくても、Webサイトがつくれる、無料のソフトウェアです。

これまでブログのデザインを変える時に、他の人がつくったプログラムをコピペして入力していたのですが、学習をしていくうえで自分で自由にブログのデザインをカスタマイズしたいと思うようになりました。

今はProgateという無料でプログラミング学習ができるサイトでWeb作成の学習を継続しています。

Top 4 筋トレ

始めた理由

筋トレを始めた理由はYouTubeで10分で道具も器具も使わず筋トレができる「Muscle Watching」というエクササイズのチャンネルをみて試しにやってみたのがきっかけです

動画でインストラクターのお兄さんと一緒に、10分で自宅でできるので、お金がかかりませんし、ジムにわざわざ行く時間もかかりません。

私はジムとかにいくとなると、めんどくさくてしょうがないたちなので、とても便利です。

プログラムは簡単で、いろいろな筋トレのパターンがあり、それらを組み合わせながらやるので飽きずにできます。

ツイッターとかを見ていると、ビジネスで成果を出している人は結構、筋トレやっている人って多いですよね。

やってみて

やってみて1番良かったのは風邪をひかなくなったことです。
以前はオフィスのエアコンの冷えすぎで、月1で風邪をひいてました。

いちど風邪をひくと1週間は治らなかったですね。

喉がいたくなるので、のど飴を買い、オフィスでゲホゲホしていると心配されるので薬もその都度買っていて、金銭的にばかにならい出費でした。

それが今は、まったく風邪をひくことがないのですから驚きです。エアコンの冷風に長くあたって喉がいたくなり「しまった!」となっても、1日で復活するんです。

健康でいることは本当に大事です。

Top 3 ブログ

始めた理由

私は今フィリピンに住んでいるのですが、フィリピンでも「ビジネスを始めたいな」とずっと思っていて、屋台ほどの小さな飲食店からスタートをと、いろいろと試行錯誤してきました。

イベントにも出店したりしましたが、お金がかかるし、なんといっても時間と手間がかかり、しかもあまりやってて、楽しくなかったのです。

そこで、まずは資本のかからないビジネスがないかといろいろ調べていたら、ブログで稼ぐ人を発見しました。

それから、WordPressというWebサイトをつくる無料のソフトで自分のブログを立ち上げました。

やってみて

3月から10月までは、ほぼ毎日、ブログに関することをつづけて、100記事以上を投稿しました。

ブログで記事を書くようになってから、文書の書き方を本を読んで学び、まずは全体像の構成を組みたて、そこから肉付けしていくことを知りました。

まずは、メモ書きで、書きたいことを箇条書きしていき、その箇条書きに文章で表現を肉づけしていく感じです。

そうすると以前では仕事で提出するレポートを3日くらい、「うんうん」うなって書いていたのが、3時間くらいで仕上げることができるのです。

ブログでの論理的な文書を書いたことは、そのまま仕事のプレゼンでも活かせるようになり、とても役にたっています。

YouTube の台本の元となる、

ブログで書いたコンテンツがそのままYouTubeの台本となるのです。いまはブログの記事の内容は同じで、YouTube用に話し言葉に変換し、それをもとに撮影しています。

Top 2 在宅ワーク

始めた理由

フィリピンでは2020年3月から新型コロナウィルスでロックダウンとなり、そのおかげで2ヶ月以上、オフィスに行かず在宅ワークとなりました。

飲食店が全てクローズになり、カフェなども同様でした。

また、外出制限もあり夜8時以降は外に出られなかったので、おのずと自宅で引きこもり生活をせざるをえなかった状況です。

やってみて

通勤はムダに時間がかかるだけと知りました。

朝起きてから、オフィスに着くまで3時間かかります。

たとえば朝の身じだくでは、

シャワー、歯磨き、ヒゲそり、アイロンがけ、などは毎日やることで、2時間を要します。そして通勤にはさらに1時間がかかります。

それが在宅ワークでは、起きてからすぐにシャワーをあびることはなく、汗ばんできたらする。一緒に歯磨きもする程度です。ヒゲそりはほとんどしません。

オフィスでやっている仕事は2割くらい

オフィスでやる仕事といえば、

・メールの送受信。

・新規顧客開拓のためのメール送信か電話でのアポどり。

これが在宅ワークだと、1日10通くらい、メールを送り、スタッフとはSNSでチャットをするだけなので1時間で終わってしまいます。

ロックダウンが緩和されて、オフィス通勤になってからも、コミュニティ隔離がつづいたので、新規顧客開拓の企業訪問は直接企業への訪問はせず、Zoomでの遠隔の面談をお願いしました。

Zoom営業が可能

その結果、見込みが客を4件、成約を1件取ることができました。

今まで会社に訪問するのに往復で2時間以上かかり、面談を済まし会社に戻ると、丸半日つぶれてしまうのが、Zoom営業はどうでしょう。

メール1本を送り、アポが取れたらZoomでの面談は40分ほどで終わり。

なので、それから遠方の企業でもバンバン営業をかけられるようになりました。

「いったい、オフィスへ通勤したり、企業へ訪問して面談営業するっていったいなんなんだ?」って思っちゃいますね。

在宅ワークはすばらしい!

Top1 YouTube

始めた理由

ビジネス系YouTubeをふだんからよく観ていて自分も始めたいと思った。

やってみて

以前、役者として舞台に立っていたこともあり、人に何かを表現することが好きなのが、あらためてわかりました。

今はプライベートの中で一番時間をかけたいのがYouTubeです。

これから何かを表現したり、人に伝達するのは動画を使った方が人々に周知しやすいと感じます。

実際YouTubeをやるまでは、けっこう抵抗がありました。

なんで今年始めてよかったことのTop1がYouTubeなのか。

以前、他の人のYouTubeを観ているときは、まさか自分がやるとは思ってはいませんでした。

私のごく身ぢかな人たちがやっていても、こんなめんどくさいこと、何でやるんだろうぐらいの感じでしたね。

実際やってみると、自分の考え、思いを伝えるのは動画がいいと気づきました。

「百聞は一見にしかず」みたいな感じですかね、その人の人柄とか、熱意とかがモロに出ますから。

1本アップすると次もアップしたくなります。飽き性の私ですが、結構やっていて今は楽しいからつづけられています。

YouTubeはいろいろな可能性がある


YouTubeはすごい可能性が秘めていると思います。Vlogや旅log、個人解説、地元ニュース、街を撮って流すだけでもいいんです。どこかにあなたの動画を観たい人はいるでしょう。

やりたいなと思ったら、とりあえずやってみることをお勧めする理由

年初でやりたいと思っていたYouTubeを実際始めたのは、2020年10月からでした。

YouTubeをやる前は、YouTubeで動画のつくり方を観ていたりしていたのですが、スマホを三脚にセットしたり、投稿の仕方を調べたりとやる前からめんどくさいと思い、のびのびになってしまってました。

そのときブログを毎日書いていて、アクセスが伸びず、書くことのネタを探したり、書いてからも時間がかかるので、ここでYouTubeを始めようと思い立ったのです。それが10月です。

実際始めたときは、撮影の準備、YouTubeへのアップロード、動画の編集など、その都度調べてやるので、そのときは大変ですが3回くらいつづけてやってみると慣れてきてだんだん楽になってきます。

ためらっている時間がもったいない。

ブログをスタートするとき、Wordpressを使うのにサーバーのレンタルと、ドメイン(Web上のアドレス)を買う必要があり6ヵ月で1万円の費用を払うことをためらっていました。

支払ってしまうと、お金を使ったことは、あとあとは忘れてしまうのに、それよりも始めずに時間ばかりが経ってしまうのが、いちばんもったいないと感じましたね。

なので、やりたいと思ったらパッと始めてしまうのです、3日坊主でもいいじゃないですか、やらないで時間ばかりが過ぎていくよりは。

さあ、あなたは2021年何をはじめますか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
次回、またお会いしましょう。
でわっ!

コメント

Copied title and URL